えんきん 効果的な飲み方

より効果を感じたい!「ルテイン」を配合したえんきんの効果的な飲み方を教えてーっ

目に良いといえば、「ブルーベリー」と大半の人が答えると思います。

 

ブルーベリーにも含まれている、
ルテインを配合しているえんきん、気になりますよね。

 

■もっともっと目に成分を届かせたい!!えんきんの効果的な飲み方は?

 

飲むんだったらちゃんと効果を実感したいですよね^^
その為にもえんきんの効果的な飲み方があるならぜひ知りたい!!

 

◎えんきんのパワーをより感じるためにも効果的な飲み方を考えた結果・・・
私が考えた出した結果は「夕食後に飲む」ということです。
えんきんは1日2粒をお水で飲むという風邪薬や薬を飲む際と同じ飲み方です。

 

なぜ夕食後?というか食後?なのかというと・・・

 

◎食後なら飲み忘れがないと思ったから。
薬というのは続けて飲むことが大切。なので食後のように
習慣づけて飲むというのが一番いいかなと思ったんです^^

 

◎一日の疲れが目に溜まっている夜、
夕食後に飲むのが効果的だと思ったから。

 

仕事終わりや家事育児でつかれきった目の夜。
そのタイミングで飲むのが一番効果的かなと思いました^^

 

以上が私が考えたえんきんの効果的な飲み方です。
何より続けることが大切。「あ、飲み忘れちゃった・・・」ということがないようにも
風邪薬やいろいろなお薬って食後に飲むことが多いですよね。
それって食べ物などと一緒にちゃんと胃に届くということなのかなと思ったんです。

 

ならばえんきんもそうじゃないのかと・・・
「夕食はとらないよ・・。」という方もいらっしゃるかと思います。

 

なににせよ、飲み続けること、自分のタイミングをよく見極めて
しっかり1日2粒飲んでいけるのなら
の人それぞれでも充分効果的に飲めるとも思います^^

 

えんきん14日分がお試し価格で買えるファンケル公式サイトはこちら

ブルーベリーにも含有している成分ルテインが含まれている食べ物は?老眼だって関係なし?!

年齢を重ねていくと、どんなに気をつけていても
文字が見づらくなったりする[老眼]は誰にでもあるもの。

 

でも、ルテインが含まれている食べ物を食べていたら
自然とまた文字や見やすくなったとか。

 

■ルテインが含まれている食べ物はどうやって食べる?

 

ルテインが多く含まれている食べ物で代表ともいえるのが「ほうれん草」。
でも食べかたによってはルテインが減ってしまう可能性も・・。

 

◎ほうれん草はバター炒めが良い
ルテインは熱で溶けてしまったり弱くなったりしない成分です。
なので油で熱することで体により吸収することができます。
なのでルテインを含む食べ物の1つのインゲンなどと一緒に
バター炒めなどで食べるのが良いとされています。

 

◎旬なものを食べること。
インゲンやスイカなどは夏が旬ですよね^^
このようにその時に旬なものを食べるのが良いそうです。
今はハウス栽培などの商品も販売されていますが
できるだけ旬で生き生きしている食べ物がGOOD。

 

◎春キャベツや芽キャベツにもルテインは含まれている
こちらは春が旬の春キャベツや芽キャベツですが
こちらにもルテインは含まれているのでそう考えると
オールシーズンの旬物があるので
「〜が売ってない!」と焦る必要もなさそうです^^

 

 

いかがでしたか?ルテインは熱に強く油との相性が良いというのは驚きでした!
そういう成分って熱に弱かったりするので生で食べたりと
工夫に困りますよね・・。でもそこはルテインは安心♪

 

それに旬ものにルテインは含まれている食べ物が多いのも嬉しい。
なんか旬の食べ物を食べてるとその季節を感じれていいですよね^^

 

私も料理にルテインを含んでいる食べ物を入れるようにしています☆
皆さんも一緒に旬のものを食べて目もよくなっちゃいましょう!

 

えんきん14日分がお試し価格で買えるファンケル公式サイトはこちら